« 春到来、ぶどうのシーズンも到来 (福山市沼隈町) | メイン | 夕暮れの福泉坊しだれ桜と八日谷 (福山市沼隈町) »







桜もぼちぼち花開いてきました、が、まだ桜を眺めに行けていません。


このブログによくコメントいただけるビンゴさんのブログに、
沼隈・福泉坊のしだれ桜の様子が詳細に書かれていました、
ビンゴさん、いいなぁ。ぼくも今週、行けるか・・・な?


さて、本記事は桜情報ではありません。お仕事的にうかがった
神辺の編物・織物教室「糸工葉」さんで見つけた、面白アイテムの話。


裂き織りで作ったバッグ~糸工葉
こちらのバッグ、「裂き織り」で作られたバッグです。ぼくは裂き織りって
はじめて目にしましたが、こりゃなんとも素晴しいですね。




裂き織りで作ったバッグ~糸工葉
これらのバッグは、古い大島紬を裂き、よこ糸として新しく織られたものだそうです。


先日、糸工葉さんで裂き織りのワークショップが開催され、
そのときの参考作品として駅家で織物工房(教室)を開催されている
瀬尾先生が作られたとのこと。瀬尾先生は糸工葉でも定期的に
織物教室を開催されています。ので興味ある方はどうぞどうぞ。


裂き織りで作ったバッグ~糸工葉
携帯入れ? もついています。なんとも渋みのある。質的にも重厚で、
しっかりした作りになっています。裂き織りって作る工程がとても面白そうですね。


さて、この作品で、気になったのはこれ↓


裂き織りで作ったバッグ~糸工葉
この真ん中の、大きなやつ。糸工葉の池田さんいわく
「刀豆(とうず・なたまめ)だと思う」とのことなんですが、へぇ、これが。


ざまく主さん、わっくんあたりは分かりますかね? もし分かったら教えてください。


裂き織りで作ったバッグ~糸工葉
ほら、これこれ。なに、これ? しかし、おもしろい。そういえば、糸工葉さんには
桜の木で作ったボタンなんかもあります。これもまた、いい味出しています。


そうそう、あともう一つ、面白いものが。


渋谷産業の絣の糸
備後絣の、糸。かの渋谷産業さんから仕入れたとのこと。


絣糸に興味がある方は、垂涎?


渋谷産業の絣の糸
糸工葉さんでは、120g単位で今後しばらく販売されるとのことです。
この糸でまた新しいなにかが作られるわけですね。それも楽しそう。


ということで、最後に糸工葉さんの店舗情報を。


< 糸工葉~いとこうば >


ホームページ) 編物・織物の糸工葉

住所) 広島県福山市神辺町大字川南1304-1

電話) 084-962-3101


--


ところで、どんなに忙しくても、眠りに入る前の読書は欠かさないヘイジですが
最近、小難しい本を立て続けに読んでいたので少し食傷気味、ということで
息抜きがてらに読み出した司馬遼太郎にハマったハマった。おっもしろいですね!猿!




« 春到来、ぶどうのシーズンも到来 (福山市沼隈町) | メイン | 夕暮れの福泉坊しだれ桜と八日谷 (福山市沼隈町) »



尾道ブログは、広島県尾道市発信の地域情報ブログです。最新記事はこちらからどうぞ。

コメント

おはようございます

訪問してビックリ仰天です!ひっくり返りました。

人知れずコッソリとマイナーでマニアックなブログを目指しているのに 
こんなメジャーなブログで紹介されては・・・^_^; 

土曜に再訪する予定でしたが
土日は県北部に行く事になり 夜桜が・・・・・・・残念
ライトアップをいつまでするのか聞いておけばよかったです。 
ん~ 今日か明日また時間作って ちょっくら出掛けてみますかな!?

メジャーなブログて。ぼくのだって十分マイナーでよりマニアックですよ。こうなったら行きつくとこまで・・・!?
というより、T商店のYさんより聞きましたよ! 世の中って狭いですね! いつかお会いできるかも知れませんね!
ラーメン屋で!

コメントありがとうございました!

桜情報ありがとうございます。平家谷の椿は見に行ったのですが、桜はまだです。行ってみようかな。

司馬遼太郎の猿(笑)私も読んでます。誠実さや愛嬌って大事だよな~っと思いますね。

まぁROKAさん。ご無沙汰しています。
猿、読み終わりました。一気に読んでしまいました。次はなに行こうかと考え中。しばらくシバ漬けです。
福泉坊については、本日の中国新聞でも取り上げられていましたね。
来週でも、早い時期なら大丈夫じゃないかと。ぼくもできればもう一度行きたいです。

コメントありがとうございました!

「裂き織り ブログ」で検索してこちらのブログに辿り着きました★

とっても素敵な作品ですね。
上手いです!!
ちなみに私はなた豆の釦は分かりましたよ♪
私たちのような手作り愛好家や専門家は結構目にしていると思います。
面白いところでは菩提樹の実や竹根をそのまま釦に流用する事もよくありますよ。

私も裂き織りをしていますので
色々な作家さんの作品を拝見すると勉強になります。

とても素敵なブログですのでまた覗かせていただきます。

コメントを投稿

△ ページ上部へ戻る

since 2006-2009 (C) 尾道ブログ / 広島県尾道市より発信。